AnyDeskの使い方

AnyDesk

AnyDesk 遠隔操作のはじめ方(操作される側で)

遠隔操作ソフト「AnyDesk」でリモートサポートなどの遠隔操作を受けたい時の説明です。ご利用の機種に合わせて、WindowsまたはmacOSを選んでください。

ここではすでにAnyDeskがダウンロードまたはインストールされているものとして説明しています。まだダウンロードされてない場合はAnyDeskのダウンロードと準備で説明しています。

  1. AnyDeskを起動します。AnyDeskアプリ画面で このワークスペース に表示されている9桁の数字を、遠隔操作する側に伝えます。
    AmyDesk画面
  2. 遠隔操作する側から、このPCに接続しにくるとウインドウが表示されますので、何もない 承諾 をクリックします。これで遠隔操作が始まります。(承諾 は管理者権限を遠隔操作する側に与える事になりますので、要請がない限り何もついていない承諾を利用します)
    AnyDesk リモート操作の承諾
  3. 遠隔操作中は、操作する側・される側どちらでも操作できますが、一方が操作している間は他方は操作できません。操作されている側で遠隔操作を終了する場合は、終了ボタン をクリックします。
    AnyDesk 終了
  4. 操作する側から、管理者権限を使いたいという要請があった場合は、操作されている側で 権限昇格をリクエストするボタン をクリックします。
    AnyDesk 特権昇格
  5. 権限昇格をリクエストするボタンをクリックすると、ユーザアカウント制御ダイアログ が表示されるので はい をクリックします。この操作で、操作する側でも管理者権限が必要な操作を行う事ができるようになります。
    ユーザアカウント制御で「はい」
  6. 遠隔操作が終了してAnyDeskを閉じる際に、AnyDeskを手に入れたいですか? とメッセージが表示される場合があります。インストールしたくないと思いますので いいえ をクリックしてください。(はい をクリックすると、AnyDeskがインストールされます)
    AnyDeskを手に入れたいですかは「いいえ」
  1. AnyDeskアイコンをダブルクリックします。もし“AnyDesk”はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?というメッセージが表示された場合は、開くをクリックしてください。
    macOS版AnyDesk「インターネットからダウンロードされたアプリケーションです」は「開く」
  2. AnyDekが起動します。AnyDeskアプリ画面の左側 このワークスペースこのAnyDeskアドレスでワークスペースに接続できます。 に表示されている9桁の数字、遠隔操する側に伝えます。
    macOS版AnyDesk画面
  3. AnyDeskのウインドウが表示されますので、右下の承諾をクリックします。これで遠隔操作が始まります。
    macOS版AnyDesk、遠隔操作を承諾
  4. 遠隔操作中は、操作する側・される側どちらでも操作できますが、一方が操作している間は他方は操作できません。操作されている側で遠隔操作を終了する場合は、終了ボタンをクリックします。
    macOS版AnyDesk 終了

AnyDeskのダウンロードと準備

AnyDeskのWebサイト(https://anydesk.com/ja)を開いて、AnyDeskのファイルをダウンロードします。Windows版はインストールしなくても利用できますが、macOS版はインストールしないと利用できないようです。

ご利用のPC機種に応じて、WindowsならEdge (Chronium)、Edge (Legacy)または Internet Explorerを、mac OSなら Safariを選んでください。

遠隔操作を一時的に受けるために、Windows にインストールせずにダウンロードして実行する方法を説明します。

  1. AnyDeskをEdgeブラウザで開いて、ページの無料ダウンロードボタンをクリックします。
    AnyDeskページ
  2. Thank you for downloading AnyDesk!が表示されて、しばらくすると左下にダウロードされたAnyDesk.exeの表示が出てきますので、ファイルを開くをクリックします。するとAnyDeskを起動することができます。

遠隔操作を一時的に受けるために、Windows にインストールせずにダウンロードして実行する方法を説明します。

  1. AnyDeskをEdgeブラウザで開いて、ページの無料ダウンロードボタンをクリックします。
    Edge Legacy でAnyDeskをダウンロード
  2. Thank you for downloading AnyDesk!が表示されて、下側にAnyDesk.exeについて行う操作を選んでください。が表示されるので、実行をクリックします。するとAnyDeskを起動することができます。
    Edge Chronium で実行

遠隔操作を一時的に受けるために、Windows にインストールせずにダウンロードして実行する方法を説明します。

  1. AnyDeskをインターネットエクスプローラブラウザで開いて、ページの無料ダウンロードボタンをクリックします。
    インターネットエクスプローラでAnyDeskをダウンロード
  2. Thank you for downloading AnyDesk!が表示されて、下側にdownload.anydeski.comからAnyDesk.exeを実行または保存しますか?が表示されるので、実行(R)をクリックします。するとAnyDeskを起動することができます。
    インターネットエクスプローラで実行
注意
macOS版 AnyDesk ではインストールしないと利用できません。またインストール後にプライバシー設定を行わないと遠隔操作ができあない場合があります。

macOS版のAnyDeskのダウンロードからインストール、セキュリティ設定を説明します。

  1. AnyDeskをSafariブラウザで開いて、ページの無料ダウンロードボタンをクリックします。
    SafriでAnyDeskをダウンロード
  2. この時、“anydesk.com”でのダウンロードを許可しますかと表示された場合は、許可をクリックしてください。
    AnyDeskで、ダウンロードを許可しますか?
  3. AnyDeskがダウンロードされます。ダウンロードボタンをクリックして、ダウンロードしたファイル(ここではanydesk.dmg)をクリックします。
    AnyDeskのダウンロードを開く
  4. ファイルが展開されて次のようなウインドウが開きますので、AnyDeskアイコンを、Applicationsアイコンにドラッグ&ドロップします。
    AnyDeskのインストール
  5. アプリケーションフォルダーが開きますので、このまま開いた状態にしておきます。(インストールしただけでは画面共有のみできて、遠隔での操作ができません)
    AnyDeskのアプリケーションフォルダが開く
  6. 操作を許可する設定を行っていきます。アップルマークアイコンからシステム環境設定…をクリックします。
    システム環境設定
  7. セキュリティとプライバシーをクリックします。
    セキュリティとプライバシー
  8. プライバシータブを選択します。
    プライバシータブを開く
  9. 左側の一覧からアクセシビリティをクリックして、左をクリックします。下の変更するにはカギをクリックします。
    アクセシビリティを選んで、変更するにはカギをクリックしますをクリック
  10. システム環境設定が”セキュリティとプライバシー”環境設定のロックを解除しようとしています。ダイアログが表示されるので、ログインユーザー名とパスワードを入力してロックを解除をクリックします。
    ユーザー名とパスワードを入力して、「ロックを解除」をクリック
  11. 右側の下のアプリケーションにコンピュータの制御を許可。の一覧からAnyDeskをチェックして、セキュリティとプライバシーウインドウを閉じます。以上で操作を許可する設定は完了です。
    AnyDeskにチェックを入れる
  12. 開いたままにしていたアプリケーションフォルダーから、AnyDeskアイコンをダブルクリックすると起動する事ができます。
    AnyDeskのアプリケーションフォルダが開く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。