Safariでメディアクエリーが効かない

macOSでメディアクエリーが効かない

macOSのSafriだけ、PCサイズからスマートフォンサイズに横幅変更した場合はメディアクエリー記述通りになるけれど、スマートフォンサイズからPCサイズに横幅を変更した場合メディアクエリーの記述が無視される

レスポンシブデザインのトラブル動作

その他のブラウザ…WindowsやmacOSのChromeやFireFox, iOSのSafariではメディアクエリーの記述通り動作しました。

ちなみにメディクエリーはモバイルファースト的な@media screen and (min-width: 800px)書き方を行っていました。

現象を確認した環境はOSが、MacOS 10.14.6 (Mojave)、ブラウザが、Safariのバージョンは13.1.2。

macOS Mojave 10.14.6
Safari 13.1.2

色々試行錯誤して、分かったことはメディアクエリー内に@keyframesを入れていると意図しない動作を行っているということでした。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
    <title>ページ一覧</title>
    <style type="text/css">
       #page > h1 {
            font-size: 3rem;
            text-align: center;
            background-color: gray;
        }
        @media screen and (min-width: 800px) {
            #page > h1 {
                font-size: 9rem;
                background-color: red;
                animation: testani 0.5s linear;
            }
          @keyframes testani {
                0% { opacity: 0};
                100% {opacity: 100%;}
            }            
        }
    </style>
</head>
<body>
    <section id="page"><h1>テスト</h1></section>
</body>
</html>

なので、@keyframesをメディアクエリー外に置くことで、正常なレスポンシブ動作をするようになりました。

<style type="text/css">
    #page > h1 {
        font-size: 3rem;
        text-align: center;
        background-color: gray;
    }
    @media screen and (min-width: 800px) {
        #page > h1 {
            font-size: 9rem;
            background-color: red;
            animation: testani 0.5s linear;
        }
    }
    @keyframes testani {
        0% { opacity: 0};
        100% {opacity: 100%;}
    }            
</style>

モバイルファーストやPCファーストなどメディアクエリーの書き方(どのブレークポイント)で、PCサイズからスマートフォンサイズで効かない場合や、今回のようにスマートフォンサイズからPCサイズで効かなくなるなど動作が変わってくると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。